色彩技能パーソナルカラー検定 モジュール1・2

  • 検定概要
  • モジュール1モジュール2
  • モジュール3
  • 出願方法と受験の流れ
  • 団体受験について

モジュール1・2

モジュール1・2

この検定試験は、モジュール1(単位:1)から順番に受験していく方式です。ただし、モジュール1と2は併願可能です。モジュール1とモジュール2で、色彩の基礎知識と、パーソナルカラー理論を習得できます。モジュール2まで合格すると、「パーソナルカラーアシスタントアドバイザー」に認定され、認定証が授与されます。モジュール1とモジュール2は、いずれもカラー印刷での色の見分けを重点においた検定試験です。

試験方式

CBT方式(一般受験)、マークシート方式(団体受験)

試験内容と公式教材について

パーソナルカラーに必要な色の基礎知識と、色を見分けるポイントを学ぶ。

試験内容

試験内容

基礎の色彩理論 パーソナルカラーの基礎的な知識 指定色の属性の理解と見極め 基本のカラーコーディネート法(配色)

公式テキスト

1)色彩技能パーソナルカラー検定®公式テキストモジュール1(初級)(NPO法人日本パーソナルカラー協会発行)

補助教材

2)「モジュール1 配色ワークブック」★
色を見分ける学習をするために必要なワークブックです。
3)「パーソナルカラー配色カード」(協会オリジナル) 4)「PCCS新配色カード199a」日本色研事業株式会社 5)「モジュール1過去問題」
過去の試験問題(カラー印刷)解答・解説付き。
試験の出題傾向を知りたい方にお勧めです。

★2)のワークブックには、3)と4)のカラーカードが必要です。

テキスト購入はこちら

受験資格

どなたでも受験できます。

会場

一般受験: 全国の「色彩技能パーソナルカラー検定Ⓡ」CBT会場にて実施
各会場のスケジュールはテストセンター空席照会参照

合格の目安

モジュール1:満点の70%前後 問題の難易度によって多少変動します

仕事で使う色彩理論と、多くの色の見分け、カラーコーディネート法を学ぶ。

試験内容

試験内容

モジュール1の範囲に加え、色彩の基礎理論の理解 美容・ファッション・各種デザインなどの各業界で使う色彩理論(照明や、マンセル表色系など) 2色以上の色の属性の比較と見極め 一般的なカラーコーディネート法(配色)とその名称

公式テキスト

1)色彩技能パーソナルカラー検定®公式テキストモジュール2(中級)(NPO法人日本パーソナルカラー協会発行)

補助教材

2)「モジュール2 配色ワークブック」★
色を見分ける学習をするために必要な
ワークブックです。
3)「パーソナルカラー配色カード」(協会オリジナル)
4)「PCCS新配色カード199a」日本色研事業株式会社 5)「モジュール2過去問題」
過去の試験問題(カラー印刷)解答・解説付き。
試験の出題傾向を知りたい方にお勧めです。

★2)のワークブックには、3)と4)のカラーカードが必要です。

テキスト購入はこちら

受験資格

モジュール1合格者
(出願時にモジュール1合格証番号が必要です)
ただし、モジュール1とモジュール2の併願受験は可能です。

会場

一般受験: 全国の「色彩技能パーソナルカラー検定Ⓡ」CBT会場にて実施
各会場のスケジュールはテストセンター空席照会参照

合格の目安

モジュール2:満点の70%前後 問題の難易度によって多少変動します

検定のお申込み及び、テキストはこちらからもご購入いただけます。お申込み・ご購入はこちらから

庭のお手入れの川原造園TOP