創立20周年NPO法人日本パーソナルカラー協会 ― 色の知識を学び資格をとるなら色彩技能パーソナルカラー検定®

PERSONAL COLOR

パーソナルカラーとは?

第三者から見て似合う色のことです。 

パーソナルカラーとは、その人の肌、瞳、唇などの色に調和する色(似合う色のグループ)のことです。 とはいえ、肌の色に似た色とは限りません。 

4つの色のグループに「春」「夏」「秋」「冬」というニックネームをつけて、もっとも似合う色のグループがどのシーズンか診断するスタイルが広く知られています。  

最近、イエローベース、ブルーベースという用語を、雑誌やSNSなどでも頻繁に目にします。今や身に着けるものだけでなくメイクやヘアカラーにおいても、自分のイメージ作りに欠かせないものとなりました。  

JPCAパーソナルカラーとは

色を見極める目と技能を生かした分析診断です。 

イエローベース・ブルーベースは「色相」という属性ですが、JPCAのパーソナルカラーは「色相」だけではなく、色の持つ4つの属性(色相・明度・彩度・清濁)を用いて、それぞれの属性が顔にどのように影響するのかを分析します。

それは色を見て4つの属性を見分け、顔に与える影響を見極める目を養うことからスタートします。  

それにより4シーズン分類(春・夏・秋・冬)に囚われることなく、似合う色の特徴を見つけることができるようになります。 

また、色彩の持つ属性でイメージを作り上げることができ、似合うとは別になりたいイメージを作ることができます。 

「なぜ」「どのように」似合うかを分析し、伝えることができる「理論」、そして似合う色にとどまらず、求めるイメージを演出できる「技能」
それが「JPCAパーソナルカラー」なのです。   

プロフェッショナルとして活躍するために 

JPCAはプロとして通用する力を育成します。

さらにお客様を分析診断するプロになりたい、または、パーソナルカラーを学びたい人を指導する資格を得たいと考えている方には、プロフェッショナル向けのコースがあります。  

JPCAは「色彩技能パーソナルカラー検定®」で習得した技能を生かして、論理的にアプローチできる多くの色彩技能資格者を輩出しています。 

個人向けパーソナルカラー診断のご案内

プロセスと結果が分かりやすい、納得のパーソナルカラー分析診断を受けてみませんか。
今までパーソナルカラー診断を受けたり、ネットや雑誌で自己診断しても、何だか結果がしっくりこないと感じている方、JPCAのパーソナルカラー分析診断を是非体験してください。

※現在、個人向けパーソナルカラー診断は準備中です。 受付開始まで、今しばらくおまちください。

  • TOP
  • パーソナルカラーとは