創立20周年NPO法人日本パーソナルカラー協会 ― 色の知識を学び資格をとるなら色彩技能パーソナルカラー検定®

Q & A

パーソナルカラーについて

肌が黄みがかっているのですが、似合う色もイエローベースですか?

自分の肌、瞳、髪の色と似合う色が必ずしも同じではなく、また自分と似た色が似合う色ということでもありません。

詳しくはこちら→(パーソナルカラーとは

似合う色は一生変わらないのですか?

加齢による肌の変化や、日焼けなどで変わることがあります。今まで似合っていた色がしっくりこないと感じたら、改めて診断をするタイミングです。認定者一覧をご覧いただき、お近くのJPCAパーソナルカラーアナリスト®︎にお問い合わせください。

詳しくはこちら→(認定資格者一覧)(個人向けパーソナルカラー診断を体験

検定試験について

CBT試験で受験できる試験は何ですか?

モジュール1とモジュール2は、CBT試験を実施しております。モジュール3につきましては、指定会場にて試験を行います。

CBT試験とはどのような試験ですか?

全国指定会場で、パソコン画面に出てくる問題に対して自分でマウスを操作して回答していく試験になります。特別なスキルは必要なく、どなたにでも操作できます。

試験会場はどこにありますか?

【モジュール1・2の場合】
CBT方式での受験となります。CBT試験会場(テストセンター)は、以下の28会場を予定しております。
  1 北海道  札幌駅南口テストセンター
  2 青森県  青森新町通りテストセンター
  3 宮城県  仙台一番町テストセンター
  4 新潟県  新潟西テストセンター(小新IC)
  5 長野県  ピュアパソコンスクール長野テストセンター
  6 埼玉県  大宮駅前テストセンター
  7 千葉県  千葉駅前大通りテストセンター7階会場
  8 東京都  新宿駅前テストセンター(新宿西口)
  9 東京都  銀座CBTS歌舞伎座テストセンター Aルーム
 10 神奈川県 横浜駅西口テストセンター
 11 静岡県  静岡駅南テストセンター
 12 静岡県  浜松駅西テストセンター
 13 石川県  金沢南町テストセンター
 14 愛知県  名古屋国際センタービルテストセンター
 15 京都府  京都駅前テストセンター
 16 大阪府  大阪駅前テストセンター4階会場
 17 大阪府  天王寺駅前テストセンター
 18 兵庫県  神戸三宮テストセンター
 19 島根県  松江駅前テストセンター
 20 岡山県  岡山駅前テストセンター
 21 広島県  広島駅前テストセンター3階会場
 22 香川県  高松テストセンター
 23 福岡県  博多駅西口テストセンター
 24 佐賀県  佐賀中央通りテストセンター
 25 大分県  大分オアシステストセンター
 26 鹿児島県 鹿児島高見橋テストセンター
 27 沖縄県  那覇テストセンター
 28 富山県  高岡テストセンター(2021年夏期より追加)

【モジュール3の場合】
試験会場は、東京、名古屋、大阪、福岡の指定4会場で行います。

キャンセルや変更はできますか?

【モジュール1・2の場合】
変更・キャンセルの期限内であれば、CBTのマイページから日時変更が可能です。期限を過ぎてからの変更・キャンセルは、いかなる理由であっても出来かねます。

CBT試験についての詳しくはこちら→(CBTサイト

【モジュール3の場合】
決済完了後のキャンセル及び変更は、出来かねます。また、理如の如何を問わず返金致しません。次回以降への繰り越しも出来かねます。お申込みのお名前やご住所に誤りがある場合は、事務局までご連絡ください。

申込期限を過ぎてしまってからの申し込みはできますか?

期限を過ぎてからの申し込みはできません。お確かめの上、お早めにお申し込みください。

モジュール1(初級)を受けずに、モジュール2(中級)から受験することは可能ですか?

色彩技能パーソナルカラー検定®︎は単位(モジュール)制のため、モジュール1からモジュール3まで順に取得する必要があり、モジュール1合格なしでモジュール2を受けることはできません。モジュール1とモジュール2を同時期に併願受験することは可能です。

車いすや補聴器利用など、特別な環境での受験は可能ですか?

受験希望日の14日前までに、申請をお願いいたします。会場によってはご希望に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

CBT試験についての詳しくはこちら→(CBTサイト

受験票が届きません。

モジュール3の受験票は、試験日のおよそ2週間前に発送します。試験日の1週間前になっても届かない場合は、NPO法人日本パーソナルカラー協会までお問い合わせください。
CBT試験では、受験票の発送はありません。予約・入金時の確認メールをご確認ください。

検定試験に向けて、どのように勉強したらよいでしょうか?

独学での受験勉強をお考えの方には、モジュール毎の教材販売をしております。
詳しくはこちら→公式テキスト・教材

また全国の認定講師が検定対策講座を開催している場合がございます。認定資格者一覧にて講師のプロフィール紹介をしておりますので、各認定講師へ直接お問い合わせください。
詳しくはこちら→(認定資格者一覧

独学での学習方法を教えてください。

公式テキスト、ワークブック、カラーカード、配色カードがセットになった受験対応教材に加え、過去問題の購入をお勧めします。公式テキストをよく読み、内容を覚えてください。
次に、はさみ、のりをご用意いただき、配色カード、カラーカードをワークブックに貼っていきます。指定色がある場合は、裏の記号を見て該当の色を探します。色の見分けをする問題が多く出題されますのでワークブックをよく見直し、色の見極めをする力をつけましょう。過去問題で実際の試験問題を解くことで、問題傾向の対策になります。

受験する方はどのような職業の方が多いですか?

販売、理容、美容、サービスなど現在の職業のために受験する方や、趣味や将来のためにと受験する方など、年齢男女問わず幅広く受験していただいております。

モジュール3(上級)合格後について

モジュール3(上級)に合格すると何ができるようになりますか?

NPO法人日本パーソナルカラー協会主催『色彩技能パーソナルカラー検定®』は、色彩学の理論をもとに、人と色との調和を結びつけること唯一の検定試験です。
モジュール3(上級)合格者には『パーソナルカラーアドバイザー®』の称号が付与されます。パーソナルカラーアドバイスができる十分な知識と色を見分ける技能は、販売現場のカラーコンサルティング、ブライダル・美容室・ネイルサロンにおけるカラーアドバイス、フラワー・インテリア・住環境のコーディネートなど、幅広い業種に応用できるものです。

パーソナルカラー診断ができるようになりたいのですがどうすればよいですか?

『色彩技能パーソナルカラー検定®』は、モジュール1(初級)、モジュール2(中級)、モジュール3(上級)を通して、色の見分けが基本となる検定試験です。『パーソナルカラーアドバイザー®』(モジュール3(上級)合格者)は、パーソナルカラーに必要な基本的な知識を持つものとして当協会が認定する資格です。パーソナルカラー分析診断という実践に向けては、知識だけではなく技能が重要となりますので、お客様の顔の見え方についての実技を指導者から学び協会認定のJPCAパーソナルカラーアナリスト®資格を取得するというステップが必要となります。

協会認定資格について

モジュール3(上級)合格後の更にその上の認定資格は?

モジュール3(上級)まで合格された後には、さらなるステップアップとして「JPCA認定講師」と「JPCAパーソナルカラーアナリスト®」の二つの専門資格の認定を行っています。
JPCA認定講師は、『色彩技能パーソナルカラー検定®』の指導と色彩の効果を提案できる教育・研究分野のスペシャリストとして当協会が公認する資格です。
JPCAパーソナルカラーアナリスト®は、信頼あるパーソナルカラー分析診断ができる実力を備えたパーソナルカラー・コンサルティング分野のプロフェッショナルとして当協会が公認する資格です。

協会認定の講師やパーソナルカラーアナリスト®を目指すためにはどうしたらよいですか?

NPO法人日本パーソナルカラー協会認定の専門資格者を目指すステップは次のようになります。
当協会主催『色彩技能パーソナルカラー検定®』モジュール1(初級)、モジュール2(中級)、モジュール3(上級)まで合格された方を対象に、それぞれ「JPCA講師養成講座」と「JPCAパーソナルカラーアナリスト®養成講座」を実施しています。
検定で学習したパーソナルカラーに必要な色彩の基礎理論の知識の上に、更にJPCA認定講師やJPCAパーソナルカラーアナリスト®としてより専門的な仕事ができるための技能を学び実践への力をつけていきます。 それぞれ養成講座の全課程修了後、認定試験に合格された方を認定しています。

「JPCA講師養成講座」「JPCAパーソナルカラーアナリスト®養成講座」について

養成講座を受講するにあたり、モジュール3(上級)合格から何年等の期限はありますか?

期限はありません。ご希望であれば講座案内をお送りいたします。ホームページからもお申込みいただけます。

養成講座はどのようなものですか?

「JPCA講師養成講座」
JPCA認定講師は『色彩技能パーソナルカラー検定®』モジュール1(初級)、モジュール2(中級)、モジュール3(上級)を指導するための資格です。
『色彩技能パーソナルカラー検定®』の指導方法とセミナー、授業などの構成やプレゼンテーション能力を磨きます。色彩全般の知識と技能(色を見分ける力)を修得し、検定指導のほか協会が推奨している色彩の効果を提案できる力を養います。

「JPCAパーソナルカラーアナリスト®養成講座」
JPCAパーソナルカラーアナリスト®は信頼あるパーソナルカラー分析診断ができるための資格です。
似合う・似合わないにとどまらず色の診断については多くの色を見て判断していく技能(色を見分ける目)が必要です。これまで学んできた色の属性と顔の見え方の変化をもとに、目的に応じた色を見つける方法を学びます。実際にドレープによる顔の見え方の変化や色の検証をしながら十分な訓練を重ね、パーソナルカラー分析診断のための正しい知識と診断力、そして的確なアドバイスができる力を養います。

認定資格取得後について

資格の認定・登録にはどのような手続きがありますか?

それぞれ認定試験合格後の認定登録には以下の手続きが必須となります。
登録申請書のご提出と認定料・新規登録料・年会費のお支払いにより、認定登録となります。
申請に基づき「JPCA講師認定証」「JPCAパーソナルカラーアナリスト®認定証」を発行いたします。

JPCA認定講師やJPCAパーソナルカラーアナリスト®の資格取得後に活動するためのバックアップはありますか?

それぞれの認定資格ごとにフォローアップのための研修会を開催しています。どのような場面でも的確な指導や分析診断ができるプロとしてのスキルを磨き、活躍をサポートします。

講師・パーソナルカラーアナリストの仕事について

JPCA認定講師、JPCAパーソナルカラーアナリスト®の仕事の派遣先の紹介はありますか?

派遣先のご紹介は行っておりません。
外部より依頼等があった場合はスキルによりご紹介することもございます。

JPCA認定講師、JPCAパーソナルカラーアナリスト®の仕事にはどのようなものがありますか?

JPCA認定講師については、自身のサロンで個人の方への教授や専門学校・大学などの学習指導、企業研修のセミナー講師など活躍しています。
JPCAパーソナルカラーアナリスト®はアナリストとして開業したり、美容(ヘア、メイク、ネイル)やファッション(企画、デザイン、販売)やイベント等多くの関連職種で活躍しています。

協会員について(個人正会員)

協会に入会するとどのようなメリットがありますか?

協会の活動にご賛同いただける方、色の興味のある方、パーソナルカラーを学びたい方、JPCA認定講師やJPCA認定アナリストの資格取得を目指す方など、どなたでもご入会いただけます。

  • 会員限定の情報誌「JPCA NEWS」を無料でお届けします。
  • 会員向けの協会及びパーソナルカラーや色彩に関する最新情報をメールマガジンで定期的に配信します。
  • 協会主催セミナーに会員料金で参加できます。
  • 正会員には総会での議決権があります。

情報誌JPCANEWSはどのような内容ですか?

「JPCA NEWS」は、NPO法人日本パーソナルカラー協会(JPCA)が発行している協会情報誌で、協会会員限定に無料でお届けしております。「色」にまつわる様々な情報やコラム、セミナーのご案内、活動報告など、盛りだくさんの内容でお楽しみいただけます。

会期、更新、退会手続きはどのようになっていますか?

会期は毎年4月1日~翌年3月31日までの一年間です。途中入会された場合でも翌年3月31日までとなります。
会期が切れる一か月程前に更新案内をお送りいたします。手続きはお送りした郵便払込取扱票で、または指定の口座へ期日までに年会費をお振込み頂きます。
退会の場合は、EmailまたはFAX、郵送にて日本パーソナルカラー協会へお知らせください。

会員情報(氏名・住所・Emailアドレス)の変更手続きはどうしたらよいですか?

EmailまたはFAX、郵送にて変更情報を日本パーソナルカラー協会へお知らせください。