創立20周年NPO法人日本パーソナルカラー協会 ― 色の知識を学び資格をとるなら色彩技能パーソナルカラー検定®

JPCA認定講師研修講座 担当本部講師の声【光・物体・目とパーソナルカラー】

日本パーソナルカラー協会では、認定資格としてJPCA講師がございますが、より理解を深め活躍していただけるように、定期的な研修講座を行っております。

この度、2021年度の講座を担当していただいた本部講師の方々に講座を終えた感想をいただきました。
今回は、【光・物体・目とパーソナルカラー】の講座を担当していただいた大森vieko先生と嶋田淳子先生をご紹介いたします。

大森 vieko先生

今回担当させていただきました講座「光・物体・目とパーソナルカラー」は、「学習の目的」と「パーソナルカラーとの関連性」の2つのポイントで説明しております。実際の授業進行シュミレーションを取り入れ、受講生の方々が理解し易く感じられるコツをパワーポイントで具体的に解説しております。

モジュール1、2 のレベル違いに対応する指導の方法、受講生対象者が一般社会人の方々なのか、専門学校、大学等学生なのか、それらの違いでも指導方法は変わりますので、受講対象者の違いに対する理解を把握する事は大切です。今回参加いただいた方々も指導歴の長い方から浅い方まででしたので、基本的には浅い方に合わせた講座を意識いたしました。

そして「認定講師としての心構え」知っている事と教えられる事の違いを、改めて自身を振り返る意味でも説明させていただいております。

大森 vieko先生

J P C A本部講師/J P C Aパーソナルカラーアナリスト®
カラーコンサルタント/カラーアナリスト

日本パーソナルカラー協会本部認定講師をはじめ、カラー関連複数の認定講師資格、インテリアコーディネーター、テーブルコーディネーター、キャリアコンサルタント、ビジネスマナーコンシェルジュの知識も含め、大学や専門学校で指導しております。

HP: https://peraichi.com/landing_pages/view/
Instagram: https://www.instagram.com/vieko.o/

嶋田 淳子先生

今回の授業でこだわったことは、対面授業や少人数でのオンライン授業を想定して行いました。受講者とキャッチボール会話が可能なことを踏まえて、学習への意欲や関心を向ける方法や、板書の書き方などを主軸にして色を身近に感じて、思考停止せずに自ら考えるように授業を進める方法の授業をいたしました。

私が主に携わっている学生は必修科目や選択科目で、成人の受講生に比べ受け身の方が多く、答えを待っている傾向があります。そうなると興味も薄れ、脳への定着率も減るので、今回は興味を持っていただくための、プラスαも含めてお話をいたしました。

当初は板書が良く見えたかどうか不安でしたが、これは協会の先生方のご尽力で心配なくできましたことは、深く感謝しております。また、今回のチャンスは私にとっても勉強になりました。ありがとうございました。

嶋田 淳子先生

J P C A本部講師/J P C Aパーソナルカラーアナリスト®カラーアトリエ ミルクルール代表

福岡市内の専門学校やマナースクール、カルチャーサロンで講師をしています。資格講座のほか、パーソナルカラーアナリスト養成や企業研修なども実施。自分らしさ、印象アップにつながるファッションコーディネートレッスンは人気講座。春からはまた学生さん達との新たな出会い。今から楽しみにしています。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008355609727