創立20周年NPO法人日本パーソナルカラー協会 ― 色の知識を学び資格をとるなら色彩技能パーソナルカラー検定®

JPCAパーソナルカラーアナリスト®養成講座 ~受講者の声 #14~

働く傍らパーソナルカラーを学ぶ

私は歯科衛生士として歯科医院で勤務しています。患者さんからお褒めの言葉を頂くときが一番達成感を感じる、やりがいのある仕事です。
元々メイクやファッションに興味があり、ここ数年は韓国のメイクやファッションを特に注目していました。そこでパーソナルカラーを知りました。自分に合う色を知ることで更に魅力を引き出せて輝かしく舞台にたつ女優さんやアイドルをみてパーソナルカラーについて学びたいと思ったのがきっかけです。

お手本にしたい先生たちばかり!

講座を受けた今、まだ不安は残りますが、早く沢山の方にパーソナルカラーの魅力を伝えられるよう、練習を重ねていきたいです。あと、講師の方の洋服やメイクの色使いがいつも素敵だったので、私自身も色使いで魅了できるようにしないと!と思いました。
まずは自分のカラー使いをもっと研究したいので、雑誌やショップを見ていち早く流行や情報をキャッチできるように勉強します。

パーソナルカラーで変わった自分

年齢を重ねると全身黒、白、紺、グレーなどのコーディネートをしがちでしたが、勉強してからは「どこかに必ず色をいれる」とか「統一感あるカラーを選ぶ」というようなことができるようになってきました。
カラー使いが上手だと友人から褒められることが増えたので、カラーを見てるのがとても楽しくなっています。
ナチュラルな自分に色を加えるだけで、もっと耀くことができるのが、パーソナルカラーの魅力だと思います。

パーソナルカラーをもっと広めていきたい

パーソナルカラーというワードは広まっていますが、診断を受けた方はまだ少ないと思うので、自分に合うカラーを知って、日常生活にもっとパーソナルカラーを活かして欲しいです。歯科衛生士として患者さんの口腔環境を守りながら、アナリストとしてお客様の魅力も引き出していきたいと思います。

これから勉強を始めるあなたへ!

パーソナルカラーを知ることで、気分や雰囲気をカラーで表現できたり、自分を「自分に似合う確実な色」で魅力的に見せたりできるようになります。
自分だけでなく、誰かの手助けができるというのもとても素敵なことですよね。カラーの勉強をすることで自分もどんどん輝いて、誰かを輝かせることも出来るようになると思うので、楽しんで勉強してください。


JPCAパーソナルカラーアナリスト 澤下 明莉
ご自身に合った色を知ることで更に魅力的でナチュラルな自分でいられるようにお手伝いをしていきたいと思います。

Instagram
https://instagram.com/ak.ssen?igshid=YmMyMTA2M2Y=