創立20周年NPO法人日本パーソナルカラー協会 ― 色の知識を学び資格をとるなら色彩技能パーソナルカラー検定®

JPCA講師養成講座 ~受講生の声 #4~

コロナ禍の中、2日間のJPCA講師養成講座をオンライン受講された櫻井さんから、感想レポをいただきました!

講座を終えて…

対面の授業とは違って、直接顔を合わせることが出来なかったのは少し残念でしたが、舟橋先生の講義はとても分かりやすく、学びの多い2日間でした。

わたしとパーソナルカラー

美容・ファッション関係の専門学校では、パーソナルカラーの授業を導入している学校が増えています。私自身、ヘアメイクの専門学校に通っているときにパーソナルカラーの授業を受け、パーソナルカラーの楽しさに触れてこの道を目指すようになりました。

専門学校を出て、百貨店の美容部員として働いていたときのこと。自分に似合う口紅がほしいとご来店されたお客様に、パーソナルカラーの授業で勉強した色味についての顔色の変化や印象について説明し、お客様のなりたい雰囲気にあった色味をご提案して、とても喜んでいただいた経験があります。

パーソナルカラーアナリストに。そして認定講師に。

2年前に、JPCAパーソナルカラーアナリストの資格を取得。アナリストとしてお客様を診断していく中で、「もっとわかりやすい、説得力のある説明ができれば…」と感じることが多く、今回、認定講師養成講座を受講しました。今後はワークショップの開催など指導者としての活動や、専門学校での指導も視野に入れて、仕事の幅を増やせたらいいと思っています。かつて自分が受けたような、学生さんたちにパーソナルカラーへの興味を持ってもらえる、楽しいと思ってもらえるような授業をしていきたいです。

リモートの難しさ

講師養成講座自体がリモートでしたが、講義内容・試験も「リモートを想定したプレゼンテーション」でした(※対面を想定した試験も選択可)。対面と異なり相手の反応を見ることが難しいので、リモートならではの対策をご指導頂けてよかったです。画面を見る時間が多くなってしまいがちなので、教科書や用意した道具といったアイテムを使って、画面越しで会話が出来るような内容にするよう心がけました。オンライン講義が多くなる今後に向けて、必須となるスキルではないでしょうか。

正しい情報を、より多くの人に

パーソナルカラーに関して、いろいろなところでいろいろな情報が飛び交っている、まさに世間はパーソナルカラーブームです。パーソナルカラーが身近な存在として広まっていくことはとても喜ばしいですが、間違った情報を目にすることもしばしば。今回講師養成講座で得たプレゼンスキルを活かして、パーソナルカラーの正しい情報がより多くの人に広がる活動もしていきたい。アナリスト・認定講師の両方の資格を取得したことは、自分自身のスキルアップと自信に繋がり、そんなことも考えるようになりました。


JPCA講師 / JPCAパーソナルカラーアナリスト®
櫻井さん Instagram
https://www.instagram.com/pc_taamami/