創立20周年NPO法人日本パーソナルカラー協会 ― 色の知識を学び資格をとるなら色彩技能パーソナルカラー検定®


公式テキスト・教材

【新公式テキスト】
「色彩技能パーソナルカラー検定®」モジュール3(上級)公式テキスト(2022年10月試験から対応)

(2021年11月協会発行)

これまでの内容を刷新した、モジュール3(上級)の新公式テキストです。

多くの方が疑問に思う「パーソナルカラーでは顔のどこを見て判断するべきなのか」、そのエッセンスをまとめたテキストとなっております。

また、JPCAパーソナルカラーアドバイザー®(モジュール3(上級)合格者)が、美容、販売、商品企画、デザインなどの仕事にさらに活用していただけるように「色とイメージワードを結び付ける」実践的な内容を収録しています。

B5サイズのテストカラーが64色付属しており、ご自身のお顔でも変化を確認し学ぶことができます。

※テキスト+パーソナルカラー分析用テストカラー64色
※「パーソナルカラー配色カード」が別途必要です。

WEB限定価格:6,600円(税込)
定価:7,700円(税込)

発行:NPO法人日本パーソナルカラー協会

※2022年3月(2021年度)の試験は、こちらのテキストは対応しておりませんので、旧テキストをご購入ください。(⇒旧テキストの購入はこちら

内容

<内容>
1)モジュール3公式テキスト
2)パーソナルカラー分析用テストカラー64色
素材/ユポ(特徴:耐水性・耐久性に優れている)
サイズ/B5判

※テストカラーは紙製の専用ケースに収納できます。

収録内容

『「色彩技能パーソナルカラー検定®」モジュール3(上級)公式テキスト』

<1章> 色の見分けと選択(パーソナルカラー配色カードを使用)
<2章> 顔の見え方と色の属性の効果(付属のテストカラーを使用)
<3章> 色とイメージワード

必要教材

学習には、以下の教材が必要です。
モジュール1・2のワークブックと共通でご使用いただけます。
「パーソナルカラー配色カード」

その他

テキストリニューアルに伴い、2022年度(2022年10月予定)の試験から試験方法が変わります。

2022年3月実施試験までは、モデルに対し試験官がドレープを用いて行う対面試験を行っておりましたが、2022年度の試験よりモジュール1・モジュール2と同様にCBT方式(コンピューター試験)を導入いたします。

これまでは、東京・名古屋・大阪・福岡の一部会場でのみ開催しておりましたが、全国にあるCBT試験会場にて受験が可能になり、より受験しやすい環境となります。詳細は決定次第、協会HPにてお知らせいたしますのでご確認ください。

2022年3月(2021年度)の試験は、こちらのテキストは対応しておりませんので、旧テキストをご購入ください。(⇒旧テキストの購入はこちら)